うたまっぷエンタインタビュー うたまっぷ 宇田川ロケット
ネモキン
  ・セールスポイントを教えてください。
・相方を紹介してください。
  ・コンビを結成したきっかけは?
・ネタについて、どのようなことからインスピレーションやヒントを得ますか? どんなところで、どんな風にしてネタを考えますか?
  ・最近の気になってることや、マイブームなどを教えてください。
・オフの過ごし方をよろしければ教えてください。
  ・オマケ
・うたまっぷを見ている皆さんへメッセージをお願いします。
ネモキン

動画を見る

●セールスポイントを教えてください。

根元ユタカ:そうですね。僕はちょっとハゲてるってのがセールスポイントですね。はい(笑)セールスポイント兼、ウィークポイントになりますね。攻撃的な頭!みたいな。

───カッコいいですね。

根元ユタカ:ありがとうございます。
キンパラヒロキ:僕は、ですね。特にキャラがないっていう。 弱点に見えて、意外とすごい弱点っていう…。なにもないって言うか(笑)
根元ユタカ:特にない、て言うか。

───ナチュラルな感じですね。

キンパラヒロキ:そうですね!ナチュラル。いい言葉で言うと、ナチュラル。
根元ユタカ:なちゅなる?
キンパラヒロキ:なちゅなる。
根元ユタカ:ナチュラルね。
キンパラヒロキ:(笑)ナチュラル。

●相方を紹介してください。

根元ユタカ:キンパラヒロキです。32歳です。 静岡県出身なんですけど、サッカーよりも野球が好き! 一見普通、イケメンに見えるんですけど、すごい内向的で暗いです。
キンパラヒロキ:えーっと、根元ユタカです。35歳になりました。 すごい男らしい性格の持ち主で、体毛も濃いんですけどその分、 頭がハゲちゃってるっていう、男性ホルモン強すぎて。 僕のあこがれ、ですよね。ワイルドな感じですね。

動画を見る

●コンビを結成したきっかけは?

根元ユタカ:同じ劇団にいて、劇団がこれじゃちょっと厳しいだろうって事で、 二人でお笑いやらないかってのが、始まりですね。

●ネタについて、どのようなことからインスピレーションやヒントを得ますか?どんなところで、 どんな風にしてネタを考えますか?

根元ユタカ:割とテレビとか見てたり、あと映画とか、本読んだり…。
キンパラヒロキ:根元さんがこんな感じになったら面白いな、とか。こんなハゲ方とか面白いな、とか、 そういう感じで、入りとか作る…。
ネモキン
───根元さんの姿を想像しながら?

キンパラヒロキ:そうですね、大体、根元さん一日中想像してる感じ。
根元ユタカ:まあ、嘘ですけどね。

───それぞれ別々に作られる感じなんですか?

根元ユタカ:持ち寄ったものを二人で面白くなれば、って感じで。

動画を見る

●最近の気になってることや、マイブームなどを教えてください。

根元ユタカ:本読むのが好きで、今月5冊くらい読んだんですけど、 「のぼうの城」時代劇の小説がすごい面白かったです。

───その中からインスピレーションを受けたり?

根元ユタカ:受けたり、受けなかったりですね。
キンパラヒロキ:僕は、最近ドンキホーテに行って、クローゼットにピッタリはまる収納ボックスを探してるんですけど 買ってきて、クローゼットにはめてみると全然合わなくて、外に出して、また合うやつ買ってきて… の繰り返しの日々ですね。
根元ユタカ:計ってから買いに行ってる?
キンパラヒロキ:(笑)大体計らずに買いに行ってる。
根元ユタカ:ああ、まあしょうがないですね。

ネモキン ●オフの過ごし方をよろしければ教えてください。

根元ユタカ:基本、洗濯と掃除が好きで、洗濯ばっかりしてますね。

───家庭的ですね。

根元ユタカ:いや〜!料理はまだ作れないんで。はい。
キンパラヒロキ:僕は自転車で近くに…、近くじゃないんですけど、隅田川とか荒川がこう交差している所がある。 本を持ってそこに行って、結局読まずに帰ってきちゃう…。あまりにも景色がいいと言うか。

───気持ちいいですよね。

キンパラヒロキ:気持ちいい、それに負けてしまう。そんな過ごし方です。

───一緒に過ごされたりすることもあるんですか?

根元ユタカ:…は、ないですね。全くないですね。
キンパラヒロキ:(笑)僕は結構、誘ってるんですけどね。

●オマケ

ネタ帳と共に撮らせていただきました!

ネモキンとネタ帳

動画を見る

●うたまっぷを見ている皆さんへメッセージをお願いします。

根元ユタカ:うたまっぷをご覧の皆さん、こんにちは!ネモキンです。
キンパラヒロキ:こんにちは!よろしくお願いします!
根元ユタカ:たくさんのお笑い芸人のネタ見れると思いますので、 新しいネタ新しいネタ出てくると思うので、是非うたまっぷの方を応援して下さい。 よろしくお願いします!
キンパラヒロキ:お願いします!

ネモキンさん、ありがとうございました!!